SEO

SEO対策とは?初心者が押さえるべき基本を分かりやすく解説

投稿日:

SEO対策とは?初心者が押さえるべき基本を分かりやすく解説

ホームページやブログのアクセス数や集客アップ・上位表示するために重要なのがSEOです

「SEO」という言葉は聞いたことがあるし、知っているけど具体的にどのようなものなのか、基本的なことを知らない方も多いです。

SEOと聞くと難しそうだから、「あまり考えないでブログを作ろう」と思っている方もいると思いますが、基本的なことだけでも知っておかないと上位表示は難しいです。

例えば・・

【SEO対策】と検索すると約43,500,000件ものホームページがあり、表示されて見るのは1ページ目または2ページ目までですよね。

それを考えると約43,500,000件もある中で、上位表示する難しさがよく分かると思います。

でも、こんな風に思っていませんか?

  • 何から手を付ければいいのか?
  • どんな対策をすると効果があるのか?

ブログサイトを運営する上で、SEO対策は押さえておくべき必要なことです。

初心者の方に分かりやすく、簡潔に、どんな対策をしていったら良いのかSEOの基本を説明していきます。

SEO対策でまず押さえる2つのこと

SEO対策として、押さえておくべきことは

  • SEO
  • 検索エンジン

の2つですが、まずは意味を確認しておきましょう。

SEOとは

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」といいます。

検索エンジンに、キーワードを入力して検索したときに、ブログやホームページが上位に表示されるようにすることです。

検索エンジンとは

検索エンジンとは、インターネット上にある情報を探すためのシステムで、GoogleやYahoo!・Bingなどがあります。

日本国内での検索エンジンのシェアは、

  • Googleが約7割
  • Yahoo!が約2割

で、この2つの検索エンジンで9割を超えるシェアがあると言われています。(参照元:statcounter Search Engine Market Share Japan

ここで、もう一つ重要なのが、Yahoo!の検索エンジンの技術はGoogleと一緒ということです。

なので、Googleの検索エンジン対策をすることが検索ユーザーの9割以上をカバーすることになり、SEO対策=Google対策だと言えます。

検索エンジンの仕組み

情報を調べるのにGoogleやYahoo!で検索していますが、その仕組について気にしている方は少ないと思います。

SEO対策する上で、検索エンジンがどのように検索結果を表示しているのか、その仕組みを理解してブログやホームページを作成することが必要です。

深い知識を得ることは必要ないと思いますが、簡単に検索エンジンの仕組みは知っておかないといけません。

検索エンジンには、ロボット型とディレクトリ型がありますが、Googleはロボット型を利用していますのでロボット型の3つの機能について説明します。

クロール

クロールとは、WEB上にある情報を巡回して取得することをいいます。「這う」という意味で、WEBページをたどっていき情報収集する機能です。

クローラーとも呼ばれ、有名なところでは、

  • GoogleのGooglebot
  • 画像検索用のGooglebot-Image
  • モバイル検索用のGooglebot-Mobile
  • 動画検索用のGooglebot-Video

など、様々な用途にわせたクローラーが開発され、同時に巡回しています。

インデックス

インデックスとは索引という意味で、クローラーが集めたWEBページの情報を検索エンジンのデータベースに格納することをいいます。

検索エンジンのデータベースに格納されることを「インデックスされたと言い、検索したときに見てもらえる機会が増えるということです。

どんなに素晴らしいWEBページでも、インデックスされないことには検索結果に表示されず、見てもらうことはありません。

早くインデックスしてもらうために、どうしたら良いのかというと、Google Search Consoleを使ってブログやホームページの情報を伝えます。

アルゴリズム

アルゴリズムとは算法という意味で、簡単に言えば計算方法のことで、SEOで云うアルゴリズムは、検索結果の順位を決める手順やルールをいいます。

検索エンジンに調べたいキーワードを入力して検索するとアルゴリズムが、あらゆる評価要素から総合的に判断して、検索者にとって有益な情報だと判断した順番に検索結果を表示します

Googleは、検索したときにユーザーが知りたい情報を上位に表示することで利便性・信頼性を高めています。

アルゴリズムは随時更新されていて、大きなアップデートが行われると検索順位が大幅に変動します。

そのため、Googleアルゴリズムのアップデート情報を把握して対応する必要がありますが、何よりも大切なことは「ユーザーにとって良質なコンテンツを提供する」ことです。

検索クエリとキーワードの違い

検索クエリのクエリとは「問い合わせ」という意味で、検索エンジンの検索画面に入力する単語やフレーズのことです

検索クエリの意図(インテント)が分かると、ユーザーニーズに合ったコンテンツ作りができます。

検索クエリは3つの種類に分けて説明されますが、住太陽さんがGoogleの公式資料を元に名付けた4つの検索クエリの表現のほうが、検索意図にあった分析がしやすいと思いますので。

  • Doクエリ(トランザクショナルクエリ)とは

取引型クエリで、具体的なアクションに繋がる検索意図があるクエリです。

  • 見積書 フォーマット
  • 勉強 始め方
  • 時短 レシピ
  • 脱毛 メリット

など、何か欲しい・やりたい・試したいという検索意図が含まれています。

  • Goクエリ(ナビゲーショナルクエリ)とは

案内型クエリで、特定のWEBサイトやページを見つけることが目的の検索意図があるクエリです。

  • スタバ メニュー
  • UFJ アクセス
  • Instagram ログイン
  • 日本経済新聞

など、見たいサイトが明確であり、このWEBサイトやページに行きたいという検索意図が含まれています。

  • Knowクエリ(インフォメーショナルクエリ)とは

情報収集型クエリで、何かを知りたい、疑問や悩み・不安を解決するための情報を集めることが目的の検索意図があるクエリです。

  • SEO 対策
  • WPテンプレ おすすめ
  • ご祝儀 いくら
  • 手 震える

など、何かを知りたいという検索意図が含まれています。

  • Buyクエリとは

購買型クエリで、何かを買いたい、レンタルしたいと手に入れるための情報を集めることが目的の検索意図があるクエリです。

  • 軽自動車 おすすめ
  • 日商簿記1級 テキスト 中古
  • アイプチ お試し
  • 太陽光発電 口コミ

など、何かを手に入れたいという検索意図が含まれています。

「検索クエリのことを知ると、キーワードのことでしょ!何が違うの?」と疑問に感じると思いますが、

  • 検索クエリは、ユーザーが検索した単語やフレーズ
  • キーワードは、広告主やサイト運営者がマーケティング戦略で設定する単語やフレーズ

ユーザーが検索した単語やフレーズの中で、集客や購買に効果的なキーワードを分析して、対策キーワードとして広告に使用するので、似ているようで違う2つの単語ですが、広告としての需要と供給という意味では接点があると言えます。

検索順位は利用者ごとに変わる

Googleの検索エンジンはすごい進化していて、どこかいい「居酒屋」がないかなぁと検索すると、私の検索結果はこのようになりました。

他の方が同じように「居酒屋」と検索すると、今いる場所に近い居酒屋の情報が検索結果に表示されたはずですが、これは「検索したユーザーの所在地」から近くの居酒屋を優先して検索結果に表示する「パーソナライズド検索機能」といいます。

このパーソナライズド検索機能について解説します。

パーソナライズド検索

このパーソナライズド検索は、

  • 所在地
  • 過去の検索キーワード
  • 過去に訪問したWEBサイト
  • SNSでのつながり

などを検索条件に含めて、ユーザーにとって最適な検索結果を表示してくれるすごい機能です

だから、同じ場所にいて、違う人が同じキーワードで検索をしても検索結果は違うことが多いです。

ここで注意しないと行けないのが、自分のブログの検索順位を確認するとき、キーワードで検索して上位表示されていても、他のパソコンで検索したら表示されていないことがあります

これは、よくアクセスしている自分のパソコンは何回も訪問しているので、パーソナライズド検索により上位表示されますが、他のパソコンで検索すると見当たらないということがあります。

パーソナライズド検索の無効化

自分のブログサイトの正しい順位を知りたいとき、パーソナライズド検索機能が働いてしまうと分からなくなってしまいます。

正しい検索順位が分からないと、SEO対策ができません

パーソナライズド検索機能を無効化して、検索すればいいのです。

パーソナライズド検索機能を無効にする方法は、

  • シークレットモードで検索する
  • URLの最後に「&pws=0」を入力して検索する

があります。

でも、実際にこの方法で検索しても、完全にパーソナライズド検索機能を無効にできないことがあり、SEO対策をする上で正確な検索順位を確実に調べられないのは判断を誤る結果になります。

正しい検索結果を無料で調べるには、【 検索順位チェッカー 】を使うといいです。

検索キーワードが多いときや複数のサイトの検索順位を調べるなら有料の【 検索順位チェックツールGRC 】がおすすめです。

  • この記事を書いた人
栗山

栗山

独立系大手SIベンダーで勤務していた経験を活かし、初心者がWEBサイトを立ち上げ・作成・運営していくための情報、パソコンやスマホ(Android・iPhone)などに関する情報を分かりやすく伝えます。

-SEO

Copyright© @Gee Base , 2019 All Rights Reserved.