カレンダー EXCEL

【EXCEL】エクセルカレンダー横型テンプレートの作成方法

更新日:

EXCELを使って、日付が横に並ぶエクセルカレンダーの作成方法を初心者の方に分かりやすく画像付きで解説します。

関数を使って日付と曜日を自動入力する方法をお伝えしますが、関数の式をそのまま使って頂ければ大丈夫です。もっと、関数のことを知りたいと思ったときに「DATE関数とは?」「Monthly関数とは?」というのを調べることで知識が増えていくきっかけになります。

少し予定表のフォーマットを変えても、参照しているセルの位置を変更するだけで対応できます。

年月を入力する

  • 年と月を入力する欄を作ります。

数字と文字は別のセルに入力します。一つのセルに「2019年」と入力すると関数を使ったときに正しく反映されません。

スポンサードリンク

日付を自動入力する

  • セルC4に1日の日付を入力します。
  • セルC4からD4までを範囲指定します。
  • ホームタブをクリックします。
  • 数値の左下の矢印をクリックします。

  • セルの書式設定画面が表示されます。
  • 表示形式タブをクリックします。
  • 分類の中から「ユーザー定義」をクリックします。
  • 種類に「d」と入力して「OK」をクリックします。

dは日付を現しています。

  • セルD4に「=IF(C4="","",IF(MONTH(C4+1)=$D$2,C4+1,""))」と入力します。

月の日付は、2月は28日まで、閏年は29日まで、30日・31日の月がありますので、その月の日付以外は表示しないための関数式です。

※クリックすると画像が拡大します。

  • セルD4をコピーして、E4からAG4まで貼り付けます。
  • 必要に応じてセル幅を調整します。

曜日を自動入力する

  • セルC5に「=C4」を入力します。
  • ホームタブをクリックして「数値」の左下矢印をクリックします。

  • セルの書式設定画面が表示されます。
  • 表示形式タブをクリックします。
  • 分類の「ユーザー定義」をクリックします。
  • 種類に「aaa」と入力して「OK」をクリックします。

数値を文字列に変換するために「aaa」と入力しましたが、他にも表示形式を指定することができます。

aaa:月・火・水・木・金・土・日

aaaa:月曜日・火曜日・水曜日・・・

(aaa):(月)・(火)・(水)・・・

ddd:Mon・Tue・Wed・・・

dddd:Monday・Tuesday・Wednesday・・・

※クリックすると画像が拡大表示されます。

  • セルC5をコピーして、D5からAG5まで貼り付けます。
  • すると、曜日が表示されます。

罫線を引く

※クリックすると画像が拡大表示されます。

  • カレンダーの範囲を指定します。
  • ホームタブを開き、フォントの中にある罫線をクリックします。
  • メニューが表示されたら「格子」をクリックします。
  • すると、範囲指定した部分に罫線が引かれます。

土日に自動で色を付ける

※クリックすると画像が拡大表示されます。

  • カレンダーの範囲を指定します。
  • ホームタブを開いて、条件付き書式から「新しいルール」をクリックします。

  • 書式ルールの編集画面が開きます。
  • 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックします。
  • 書式設定に「=WEEKDAY(C$4)=1」を入力し、日曜日のセルの色を変えます。
  • 書式をクリックします。

WEEKDAY関数は「=WEEKDAY(シリアル値,種類)」で表示します。

シリアル値は、日付データのことです。

種類は、数字と曜日が対応しています。

  • 1=日曜
  • 2=月曜
  • 3=火曜
  • 4=水曜
  • 5=木曜
  • 6=金曜
  • 7=土曜

  • セルの書式設定画面が開きます。
  • 塗りつぶしタブを開き、背景色を選び「OK」をクリックします。

セルの背景色を変えて分かりやすくするため、塗りつぶしを選びます。文字の色を変えたいときは、フォントタブでカラーを選びます。

  • 書式ルールの編集画面が表示されたら「OK」をクリックします。

  • 条件付き書式ルールの管理画面が表示されたら「新規ルール」をクリックします。

  • 書式ルールの編集画面が開きます。
  • 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックします。
  • 書式設定に「=WEEKDAY(C$4)=7」を入力し、土曜日のセルの色を変えます。
  • 書式をクリックします。

  • セルの書式設定画面が開きます。
  • 塗りつぶしタブを開き、背景色を選び「OK」をクリックします。

  • 書式ルールの編集画面が表示されたら「OK」をクリックします。

  • 条件付き書式ルールの管理画面が表示されたら「OK」をクリックします。

祝日の日付にも自動で色を付ける

  • シートを1枚追加して、シート名を「祝日リスト」に名前を変更します。
  • 祝日リストを作成します。

祝日を入力するのが面倒なときは「祝日リスト」をダウンロードしてお使い下さい。

  • カレンダーの範囲を指定します。
  • ホームタブを開き、条件付き書式から「新しいルール」をクリックします。

  • 書式ルールの編集画面が開きます。
  • 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックします。
  • 書式設定に「=COUNTIF(祝日リスト!$A$2:$A$23,C$4) =1」を入力し、祝日のセルの色を変えます。
  • 書式をクリックします。

  • セルの書式設定画面が開きます。
  • 塗りつぶしタブを開き、背景色を選び「OK」をクリックします。

  • 書式ルールの編集画面が表示されたら「OK」をクリックします。

  • 条件付き書式ルールの管理画面が表示されたら「OK」をクリックします。

設定は全て終わりです。

完了すると、画像のように色分けが自動で反映されます。

エクセルカレンダーのダウンロード

完成したエクセルカレンダーを無料ダウンロードできるようにしましたので、参考にご活用下さい。

スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
栗山

栗山

独立系大手SIベンダーで勤務していた経験を活かし、初心者がWEBサイトを立ち上げ・作成・運営していくための情報、パソコンやスマホ(Android・iPhone)などに関する情報を分かりやすく伝えます。

-カレンダー, EXCEL

Copyright© @Gee Base , 2019 All Rights Reserved.