SearchConsole

サーチコンソール(Search Console)の登録と設定方法【初心者向け】

投稿日:

WEBサイトやブログを運営する方にとって、SEO対策を行なう上で「Google Search Console(以下、サーチコンソール)」は是非、利用して欲しいツールの一つです。

設定しても、使い方が分からない・見方が分からないから登録しないというのは非常に勿体無い!

初心者の方が分かるように、サーチコンソールの登録と設定方法について解説します。

スポンサーリンク

サーチコンソールとは

サーチコンソールとは、Googleが無料で提供しているサイト解析サービスでサイト訪問前のデータを確認できます。

特徴としては、サイトの状況・Googleにサイトがどのように認識されているか・サイトパフォーマンス・WEBページの状態・Googleからの警告など、サイトを運営するために必要な情報を確認することができます。

検索結果に自分のサイトが

  • どのような検索キーワード
  • どのくらいの順位で掲載され
  • どのくらい表示され
  • どのくらいクリックされた

のかが、分かるツールで、ユーザーがサイトに訪れる前のデータを確認できます。

スポンサーリンク

サーチコンソールの登録

サーチコンソールにアクセスする

ドメインを登録する

  • サーチコンソールにログインすると「プロパティタイプ」の選択画面が表示されます。
  • ドメイン(NEW)のほうにドメインを入力します。
  • 入力したら「続行」をクリックします。

ドメインを入力するときは、「ad-ology.com」のようにドメイン名だけを入力します。

登録できるドメイン名ではないときは「続行」ボタンを押すことが出来ません。

ドメイン所有権を確認する

  • DNSレコードでのドメイン所有権の確認画面が表示されます。
  • ②のTXTレコードの「コピー」をクリックします。

コピーしたTXTコードは、Wordやメモ帳などに貼り付けておきましょう。

サーチコンソールの画面は、閉じたり、消したりせずに、DNSレコードでのドメイン所有権の確認画面のそのまま表示しておきます。

サーバー側でDNSレコードの設定を行ないますが、今回はエックスサーバーでの設定方法を例に紹介します。

  • エックスサーバーのサーバーパネルを開きます。
  • 設定対象ドメインで、設定するドメインを選び「設定する」をクリックします。
  • ドメイン欄にある「DNSレコード設定」をクリックします。

  • DNSレコード設定画面が表示されます。
  • 「DNSレコード追加」をクリックします。
  • ホスト名は、空欄のままで問題ありません。
  • 種別は、「TXT」を選びます。
  • 内容は、サーチコンソールでコピーした「TXTレコード」を貼り付けます。
  • 優先度は、「0」のまま変更に必要はありません。
  • 設定が終わったら「確認画面へ進む」をクリックします。

  • 「以下の内容でDNSレコードを追加しますか?」と聞かれますので「追加する」をクリックします。

  • 「DNSレコードの追加が完了しました」と表示されたら「戻る」をクリックします。

  • DNSレコード一覧が表示されますので、一番下の欄に種別:TXT、内容:TXTレコードが表示されているか確認します。

  • サーチコンソールの画面に戻ります。
  • DNSレコードでのドメイン所有権の確認画面の「確認」をクリックします。

  • 「所有権を確認しました」を表示されればOKです。
  • 「プロパティに移動」をクリックしてサーチコンソールの管理画面を表示します。

DNSレコードの反映に時間が掛かることがあり、確認ボタンを押しても、確認できないと表示されるときは時間を置いて再度確認ボタンをクリックします。

サイトマップを登録する

  • 「新しいドメインプロパティへ ようこそ」と表示されたら「開始」をクリックします。

  • サーチコンソールの管理画面が表示されます。
  • サイドに表示されるメインメニューを表示するため、左上部の「メインメニュー」をクリックします。

  • サイドにメニューが表示されます。

  • サイトマップをクリックします。

  • ドメイン名のあとに「sitemap.xml」を入力します。
  • 入力したら「送信」ボタンをクリックします。

  • 「サイトマップを送信しました」と表示されます。
  • 表示されたら「OK」をクリックします。

  • ステータスが【成功しました】と表示されていれば完了です。

「取得できませんでした」と表示されたときには、スペルを間違えていることが考えられますので、再度、入力し直して「送信」します。

まとめ

サーチコンソールは、サイトの状態を把握して、改善するために必要なツールです。

Googleが、登録したサイトをどう判断しているのか、何に対してエラーや警告を出しているのかを知ることができます。

さらに、検索結果に対して登録サイトの状況を把握でき、WEBページの順位を改善するための対策を行なうことができるなど、SEO対策に活用できる情報も入手できます。

サイト運営をするなら、サーチコンソールにサイトを登録して活用しましょう。

  • この記事を書いた人
栗山

栗山

独立系大手SIベンダーで勤務していた経験を活かし、初心者がWEBサイトを立ち上げ・作成・運営していくための情報、パソコンやスマホ(Android・iPhone)などに関する情報を分かりやすく伝えます。

-SearchConsole

Copyright© @Gee Base , 2019 All Rights Reserved.